女性・市民信用組合設立準備会は、2009年2月から”女性・市民コミュニティバンク”に名称が変更になりました。
融資について
■融資を受けるには
・NPO法の特定非営利活動20分野が対象です。
・女性・市民コミュニティバンクから融資を受けるためには出資をして(個人:1口10万円、団体3口以上)会員になることが必要です。
■融資制度
◇融資対象者
・神奈川県内に在住し、事業を行なう会員
・女性を優先
◇資金使途
・団体   事業の立上げ資金・設備資金・運転資金
・個人   教育ローン(枠:年1,000万円)、太陽光発電設置資金
◇最高融資限度額
・1,000万円
・出資金の20倍内
◇利率(年)
・1.8~3.0%
・審査委員会で決定
◇融資期間
・最長5年
◇償還方法
・元利均等月賦返済方式(原則)
◇担保
・無担保(原則)
◇連帯保証人
・団体:理事10人内(原則)
・個人:1~2人
◇審査方法
・窓口面談、代表・事務局による調査
・融資審査委員会で審査

■申込に必要な書類
・借入申込書(連帯保証人予定者の氏名、住所も記載)
・事業内容説明書
・資金使途を確認するための書類(見積書等)
・決算書類(損益計算書、貸借対照表他)
・資金繰り表(全融資期間の年別)
・借入を決議した理事会議事録
・定款
・法人登記簿謄本
・総会議案書
・ニュースレター、パンフレット
・その他女性・市民コミュニティバンクが求める書類・資料

■審査方法
・窓口面談、調査、融資審査委員会での審査による。
■融資審査委員会
・6名の委員で構成
・原則月1回定例で開催
・全会一致が原則
■審査のポイント
・女性・市民コミュニティバンクの趣旨を理解していること
・地域社会に貢献する事業かどうか
・知人・友人・近隣の住民等の支援の状況
・メンバー、理事会はどのような構成なのか
・環境に負荷を与えない事業かどうか
・起業の意思がどのくらいあるのか
・ニーズ調査をどの程度行っているか
・資本金の額と構成
・事業の採算性・継続性、など
■融資のご相談から融資実行までの流れ
syusshi_nagare